美白ケア(trial)

L−システインとは

 

L−システインとはアミノ酸の一種で、体内で生成することができます。 L−システインは皮膚や髪の毛などを生成する重要な成分であり、メチオニンという必須アミノ酸の一つから作られています。L−システインは作れる量が少ないため欠乏状態になりやすいのです。

 

L−システインには様々な効果がありますが、中でも 今注目されているのが美肌効果です。
体内に存在する酵素のうち30%がL−システインの分子構造と似た形となっており、酵素の材料となることで代謝を活性化する働きがあるのです。 代謝を活性化することで肌の生成を促し、新しい肌を作り上げていきます。また細胞が剥がれ落ちて行く間も外部の刺激から肌を守っているのです。

つまり肌が作り上げられてから剥がれ落ちていくまで、 常に美しい肌を保ってくれるのがこのL−システインなのです。

 

L−システインの効果

 

美しい肌を保ってくれるL−システイン。では美しい肌とは具体的にどのような肌のことを指すのでしょうか。 人の肌は年を重ねるごとに水分が失われ乾燥していきます。また肌の代謝も下がり、コラーゲンが生成されなくなることでハリが失われ、シワやシミの原因となります。 10代のうちは体内の代謝が活発なため、化粧品でケアをしなくても自然に肌が潤い外部の刺激から守ってくれるのです。

 

しかし体の老化が進めば肌も同じように老化していきます。この時に化粧品で潤いを与えることも可能ですが、一番重要なのは 体内の代謝を上げ、新しい肌を作り上げる力を高めるということなのです。

このとき体内にL−システインがしっかり満たされていると、新しい細胞が生まれ潤いのある肌を保つことができます。また角質を柔らかくする働きもあるためニキビができにくくなり、毛穴が広がるのを防ぎます。

 

そして 特に強く効果を発揮するのがシミに対してです。 シミができる原因はメラニンですが、L−システインはメラニン生成の素となるPOMCが作られるのを防ぎ、チロシナーゼが活性化するのを抑えます。

 

既にできてしまったメラニンが黒色にならないように防ぎ、黒くなってしまったメラニンは色が目立たなくなるよう促進してくれるのです。また古くなった角質を外に排出する働きもあるため、メラニンを含んだ角質が剥がれ落ちていきます。 このようにL−システインは美しい肌を作り上げるうえで非常に重要な成分であり、科学的にもこれらの働きが判明しています。

ビーグレンのトライアルセット