美白ケア(trial)

ビーグレンを使い始めて約6ヵ月

 

ビーグレンを使い始めて約6ヵ月が経ちました。QuSomeホワイトを3セット使い終わったことになります。
子育てママの私にとって、QuSomeホワイトを半年も使えたなんて本当に幸せなことなんです。毎日毎日、子育て頑張っている私へのご褒美かな。

 

 

4ヶ月目までは肌の調子も良くて相変わらず肌はモチモチしていたのですが、花粉症のシーズンがピークだった3月は肌荒れが酷くなってしまいました。
写真を見ていただいてもわかるように、4月の写真は肌が汚くなっていると思います。
せっかくビーグレンの基礎化粧品を使っているのに、花粉のせいで台無しになってしまったかな?と落ち込んでしまった時期もありました。
毎日の洗顔後のモチモチ肌の感覚を楽しみにしていたのに・・・
それでも、花粉の飛散が治まってくると並行して肌荒れも回復してきたし、化粧のりも戻ったので一安心です。

 

 

半年間の成果としては、肝斑が全体的に薄くなってきているという感じです。かなり濃い肝斑だった私にとっては、大満足の結果です。
肝斑はかなりしつこいシミなので、正直3セットでは劇的に薄くなる事はないだろうと思っていました。
それでも、お化粧をすれば隠せるくらいにはなっているという感じです。

 

 

肝斑にばかりに気を取られていたのですが、鼻の横にあるシミがほとんどわからなくなるくらいまで薄くなっていました。これには本当に驚きです。
このシミは肝斑ではないのでレーザーでも取れたと思うのですが、基礎化粧品でとれるなんてさすがビーグレンって感じですよね。
これもハイドロキノンの力なんでしょうね。
妊娠と出産で出来てしまったシミがなくなり、肌の調子もモチモチでいい感じなのでこれからもビーグレンを使っていきたいなと思っています。
主婦なので、主人の許可をいただかないとですけどね。こんなにシミが薄くなってるんだから、おそらくOKしてくれるかな。

 

 

そうそう、私のシミが薄くなったことを実際に見た友達が、ビーグレンにとっても興味を持ってくれました。
やはり友達も妊娠と出産でシミが出てきて、そのままになっているんですよね。
シミが薄くなるという基礎化粧品を使ってはいるそうですが、なかなか薄くならないそうです。で、ビーグレンの効果をみて使って見たいと思ったというわけです。
ただ、友達が心配しているのはビーグレンにハイドロキノンが配合されているということでした。これから第2子の妊娠を希望しているからです。
ハイドロキノンが配合された基礎化粧品は妊娠中や授乳中の人は使えないと言われている製品が多いのです。
しかし、妊娠中や授乳期での使用で、胎児や乳児に影響があったという報告はないとそうです。
ただ、その時期はホルモンバランスが崩れたり、肌が敏感になっている時期なので肌トラブルは心配ですよね。
以前のビーグレン商品だと、妊婦中や授乳中の人は使えないと書いてあったのですが新製品になってからは書いてありません。
新しくなったビーグレンの基礎化粧品は、『浸透テクノロジーとハイドロキノンを融合させ、必要な個所まで成分を届ける。
その場に滞留してじっくりと働きかける。このお蔭で、ブライトニング効果の実感スピードが上がり、低刺激性が実現している』
というような事が書かれています。
低刺激と言われても、やはり妊婦さんにとっては心配なのでかかりつけの先生に相談する事をおすすめされているようです。
これから妊娠する可能性のある友達ですが、「ビーグレンを使ってみて、妊娠した時には先生に相談してみるよ」と言っていました。
まずは、トライアルセットを注文しなくちゃと張り切っていました。

 

私ももっともっと肝斑が薄くなるように、ビーグレンを使い続けていこうと決めました。。。
すっぴんでも恥ずかしくない肌に戻れるように、今日もビーグレンでお肌のケアをしたいと思います。

 

ビーグレンのトライアルセット