美白ケア(trial)

美白と日焼け後の対策

 

日焼けしてしまったお肌というのは2つの段階があります。
最初は、お肌の表面部分が炎症を起こしてヒリヒリとしてしまう状態です。
このような状態のことをサンバーンといいます。

 

そしてこのサンバーンの状態が消えると皮膚の色素沈着を起こしてしまうサンタンという状態になるのです。
それぞれの日焼けですが、サンバーンは赤い日焼けになり、サンタンは黒い日焼けになるのです。

 

一般的に、日本人の肌質というのは日焼けによってお肌が赤くなってしまうサンバーン状態から、サンタン状態に移るというのが普通です。
しかし、サンバーン状態から黒くならない人もいます。

 

色白の人の場合、サンバーン状態によりお肌が赤くなるだけで、日焼けを起こしたとしても黒くなることはほとんどないといわれています。
生まれつきメラニン色素の量自体が少ないためにこのようなことになります。
ただし、紫外線の刺激に最も弱い肌質だともいえるのです。

 

そのため、色白の人は日焼けをしないように注意しなければなりません。
見た目は色白肌で羨ましがられるのですが、実はお肌トラブル等を起こしやすいので大変なんですね。

 

やはり、色白の人はもちろん、そうでない人もしっかりと普段から紫外線対策を徹底的に行うようにしておきましょう。

ビーグレンのトライアルセット