美白ケア(trial)

しみになるのはどうして?

 

普通は、このメラニン色素によって防御中の肌も、ターンオーバーとともに落ちて行きます。

 

ダメージから肌を守るため、メラニン色素を生成することは誰でも同じです。

 

小さな子でも、成人した方でも一緒。

 

だけどしみができるのはやっぱりある程度歳を取ってからですよね。

 

これはどうしてなのかと言うと、「ターンオーバーが正常に行われていない」、「皮膚細胞が常に異常にさらされている」などの原因が考えられると良います。

 

つまり、本来は新陳代謝に合わせて落ちていくはずのメラニンで染まった肌細胞が、なぜかスムーズに落ちていかないという原因が一つ。

 

何らかの異常が皮膚細胞で起こり続けているため、メラニン色素が作られ続けているという原因が一つ。

 

ではなぜそんなことになるのかというと、それが加齢のせいであり、長年の紫外線から受けたダメージのせいなのでしょう。

 

紫外線が怖いのはしみを作るということよりも、皮膚に直接ダメージを与え異常を起こすほどの攻撃力があるということなのです。

ビーグレンのトライアルセット