美白ケア(trial)

紫外線がお肌にダメージを与えることは、皆さんよくご存じだと思います。特にしみを作る一番の原因として紫外線は女性たちに嫌われる存在。

 

紫外線によるダメージをどうにかできないか。
しみが作られてしまうのをどうにかできないか。
これは多くの女性に共通する課題でしょう。

 

この悩みを解決するには、ビーグレンの美白スキンケアシリーズがとてもおススメなので、ご紹介したいと思います。

 

うっかり日に焼けた夏

 

紫外線対策というのは、私たちにとって非常に不利な戦いです。紫外線って目に見えないし、完璧に対策をとったつもりでも必ず隙がある。それに紫外線のダメージって言うのは、ほとんど後になってから表れるんですよね。

 

夜になってなんとなくお肌がヒリヒリと火照った感じになってしまうこともあれば、夏が終わり、秋や冬になって急にしみやくすみ、しわとなって表れることもある。どうしてこう急にお肌の質って変わるの!と叫び出したくなったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

正々堂々と紫外線と戦うには、私たちは非常に不利な状況です。

 

だから、化粧品を使って紫外線によるダメージを軽減しよう、少なくとも新たにしみが作られるのは阻止しようとするのです。そして、じゃあしみ対策効果が優れている化粧品は何かというと、ビーグレンの美白ケアシリーズがその一つであることは間違いありません。

 

ビーグレンコスメの美白効果

 

ビーグレンコスメの何が優れているって、美白効果もさることながら、お悩みに合わせてピンポイントなケアが出来るところです。美白には美白の、しわにはしわのケアが出来るから効率よく自分の悩みの種を取り除くことができる。

 

美白効果に着目すれば、ビーグレンコスメが優れていると言えるポイントは以下の二点。

  1. 漂白する成分が入っている
  2. 成分が浸透する

 

詳しくは後ほどご説明しますが、ビーグレンの美白ケアコスメは、できてしまったしみに対する効果が他の化粧品とは違うのです。

 

予防をもっと重視したいという方もいらっしゃると思います。「これからできそうなしみが怖いんです…」という方です。

 

もちろん、ビーグレンの美白ケアも予防ありきです。

 

ただ、しみというのは多くの場合、できるまで気付かないのではないでしょうか。本当にいつのまにか発生してしまう。いつの日焼けが原因かなんて分かりません。学生時代の紫外線ダメージが今出たのかもしれないし、去年のキャンプが引き金になったのかもしれないし。

 

あーどうしようしみだ、と思ったときに、予防効果重視の化粧品と、しみを薄くする作用に優れている化粧品ではどちらがありがたいでしょうか。

 

今あるしみに作用してくれる化粧品の方が、いざと言うとき心強いとは思う方の方が多いのではないでしょうか。だからビーグレンがおススメなのです。

 

 

皮膚の色が変わるメカニズムとは?

 

ビーグレンコスメの働きを詳しくご説明する前に、しみってどうしてできるんだろう…というお話をしたいと思います。

 

そもそも、紫外線が私たちの肌にダメージを与えることは事実です。

 

肌にとっては紫外線に対して無防備でいることが危険なので、どうにかして守ろうとします。

 

私たちの肌を守ろうとする作用。これが日焼けを起こす原因となる。

 

具体的な話をすると、紫外線を受けたとき、私たちの肌の基底層にあるメラニサイトでは、メラニン色素を作り出します。

 

まともに紫外線を受けたのでは肌が傷ついて危険ですから、一時的な防護服を作るのです。

 

紫外線に当たらずとも皮膚が黒ずむことがありますよね?カミソリの刺激や、継続的な摩擦などで肌の色が変わるというご経験は誰にでもあると思います。

 

それは、ダメージを避けるために肌が防御する反応として、メラニン色素が作られるから。紫外線が色を付けているのではなく、あくまで私たちの肌が自らの力でせっせと着色しているのです。

 

 

しみになるのはどうして?

 

普通は、このメラニン色素によって防御中の肌も、ターンオーバーとともに落ちて行きます。

 

ダメージから肌を守るため、メラニン色素を生成することは誰でも同じです。

 

小さな子でも、成人した方でも一緒。

 

だけどしみができるのはやっぱりある程度歳を取ってからですよね。

 

これはどうしてなのかと言うと、「ターンオーバーが正常に行われていない」、「皮膚細胞が常に異常にさらされている」などの原因が考えられると良います。

 

つまり、本来は新陳代謝に合わせて落ちていくはずのメラニンで染まった肌細胞が、なぜかスムーズに落ちていかないという原因が一つ。

 

何らかの異常が皮膚細胞で起こり続けているため、メラニン色素が作られ続けているという原因が一つ。

 

ではなぜそんなことになるのかというと、それが加齢のせいであり、長年の紫外線から受けたダメージのせいなのでしょう。

 

紫外線が怖いのはしみを作るということよりも、皮膚に直接ダメージを与え異常を起こすほどの攻撃力があるということなのです。

 

ビーグレンは漂白系の美白

 

ビーグレンの美白ケアコスメで注目したいのは、ハイドロキノンという美白成分(漂白成分)と、QuSome(キューソーム)という浸透技術です。

 

世の中に、美白効果が期待できる成分はたくさんあります。

 

シロチナーゼ(メラニンの素となるシロチンを活性化させる酵素です)の働きを抑制するタイプのものや、メラノサイトの働きを抑制するものなどが典型的。

 

どちらも肌へのダメージが引き金となって作られるメラニン色素が生成されるのを防ぐ役割をしており、予防型の美白成分と言われています。

 

一方、ビーグレンコスメに使われている美白成分「ハイドロキノン」は、メラニン色素を直接淡色化させる機能を持つ漂白系と呼ばれるタイプの美白成分。

 

予防するタイプの美白成分では、できてしまったしみに対する効果がいまいち期待できません。

 

白さや透明感を取り戻したいのであればビーグレンコスメがおすすめというのは、ハイドロキノンの効果ができてしまったしみに対して特化しているからです。

 

 

独自技術QuSome(キューソーム)

 

QuSome(キューソーム)というのはビーグレン独自の浸透技術です。

 

極小のカプセルに有効成分を閉じ込め、肌の奥にまで届けることができます。

 

こう言うとよくある話しに聞こえるかもしれませんが、これは画期的な技術で、ただ有効成分をナノ化しましたというのとはちょっと違います。

 

お肌のケアに有効な成分の中には、水溶性であるために皮脂を通り抜けられないものや、不安定な性質のために十分な効果が発揮できない物質などがあります。

 

だからこそ、ただ物質を小さくするのではなく、極小のカプセルに閉じ込め、ときには皮脂を通り抜ける乗り物となり、ときには繊細な成分の形を保護する壁となって、肌の奥まで届けるという技術が必要だったのです。

 

せっかくの美白成分も、しみに届かなければ意味がありません。

 

この技術は、色々な成分に応用して使うことができます。

 

ビーグレンコスメはこのQuSome(キューソーム)という技術があるところが特別で、美白効果の高いハイドロキノンも、しっかり届くからしっかり美白ができるのです。

 

ハイドロキノンって危なくない?

 

ハイドロキノンは漂白系の美白成分だと言われています。

 

漂白と聞くと何だか怖い気もしますよね。

 

化粧品の中には白斑を生じさせてしまうという事故が起きたものもありますし、白くなれば良いといいというものではありません。

 

ハイドロキノンは、アメリカでは40年以上も使われている成分で、皮膚科のお医者さんもしみやくすみの治療薬として処方するのだとか。

 

世界では長年使われている成分ではあるけれど、日本で化粧品に配合されはじめてからはまだ10数年程度ですから、知名度はそれほど高くないのかもしれません。

 

体に良くない成分なのに、ビーグレンの技術で浸透力が上がってしまうと大変です。

 

浸透力が一つの売りであるビーグレンコスメだからこそ、有効成分の安全性は信頼できるものでなければなりません。

 

ビーグレンはトライアルセットが充実

 

美白効果が期待できるハイドロキノン配合の製品はビーグレン製品の中の一つにすぎません。

 

QuSome(キューソーム)技術を駆使した化粧水はビタミンCを効率良く肌の奥に届け、回復力を高めるとともに美白成分を届ける土台となります。

 

同じように浸透力を高めたアルブチンで紫外線によるしみ生成をブロックできる美容液。

 

そしてハイドロキノン配合のクリーム。

 

この美白に集中したスキンケアセットが、「できてしまったしみをなんとかしたい!」「これ以上しみやくすみを増やしたくない!」という方におすすめ。

 

ビーグレンではこれらに加え肌に弾力とハリを与えるモイスチャークリームを加えた4点セットのトライアル7日分が1,800円でお試しいただけます。

 

ここでは美白に注目しましたが、ビーグレンでは「しわ対策(エイジングケア)」、「ニキビ対策」、「毛穴のケア」「目元ケア」と悩み別に優れた浸透力を持つ化粧品を組み合わせて使うことで、あなたのコンディションに合わせたぴったりのケアができるようになっています。

 

それぞれおすすめのコスメをセットにしたトライアルが充実しており、すべて1,800円(目元ケアセットは1,400円)でお使いいただけますから、使い心地だけでも気軽に試してみてはいかがでしょうか。

ビーグレンのトライアルセット

ビーグレンの美白用スキンケアセット記事一覧

皮膚の色が変わるメカニズムとは?ビーグレンコスメの働きを詳しくご説明する前に、しみってどうしてできるんだろう…というお話をしたいと思います。そもそも、紫外線が私たちの肌にダメージを与えることは事実です。肌にとっては紫外線に対して無防備でいることが危険なので、どうにかして守ろうとします。私たちの肌を守ろうとする作用。これが日焼けを起こす原因となる。具体的な話をすると、紫外線を受けたとき、私たちの肌の...

しみになるのはどうして?普通は、このメラニン色素によって防御中の肌も、ターンオーバーとともに落ちて行きます。ダメージから肌を守るため、メラニン色素を生成することは誰でも同じです。小さな子でも、成人した方でも一緒。だけどしみができるのはやっぱりある程度歳を取ってからですよね。これはどうしてなのかと言うと、「ターンオーバーが正常に行われていない」、「皮膚細胞が常に異常にさらされている」などの原因が考え...

ビーグレンは漂白系の美白ビーグレンの美白ケアコスメで注目したいのは、ハイドロキノンという美白成分(漂白成分)と、QuSome(キューソーム)という浸透技術です。世の中に、美白効果が期待できる成分はたくさんあります。シロチナーゼ(メラニンの素となるシロチンを活性化させる酵素です)の働きを抑制するタイプのものや、メラノサイトの働きを抑制するものなどが典型的。どちらも肌へのダメージが引き金となって作られ...

独自技術QuSome(キューソーム)QuSome(キューソーム)というのはビーグレン独自の浸透技術です。極小のカプセルに有効成分を閉じ込め、肌の奥にまで届けることができます。こう言うとよくある話しに聞こえるかもしれませんが、これは画期的な技術で、ただ有効成分をナノ化しましたというのとはちょっと違います。お肌のケアに有効な成分の中には、水溶性であるために皮脂を通り抜けられないものや、不安定な性質のた...

ハイドロキノンって危なくない?ハイドロキノンは漂白系の美白成分だと言われています。漂白と聞くと何だか怖い気もしますよね。化粧品の中には白斑を生じさせてしまうという事故が起きたものもありますし、白くなれば良いといいというものではありません。ハイドロキノンは、アメリカでは40年以上も使われている成分で、皮膚科のお医者さんもしみやくすみの治療薬として処方するのだとか。世界では長年使われている成分ではある...

ビーグレンはトライアルセットが充実美白効果が期待できるハイドロキノン配合の製品はビーグレン製品の中の一つにすぎません。QuSome(キューソーム)技術を駆使した化粧水はビタミンCを効率良く肌の奥に届け、回復力を高めるとともに美白成分を届ける土台となります。同じように浸透力を高めたアルブチンで紫外線によるしみ生成をブロックできる美容液。そしてハイドロキノン配合のクリーム。この美白に集中したスキンケア...