美白ケア(trial)

肌にできるシミ

 

肌にできるやっかいなもの、それがシミです。シミは一度できると自然に消えることはありません。そのため化粧品やクリニックのレーザーなどで消すしか方法はないのです。 しかし市販の化粧品は長く使い続けてなんとなく薄くなったかなという程度ですし、クリニックのレーザーやピーリング治療はお金がかかるため続けるのが大変です。

 

そこで、あまり金銭的負担をかけずにシミを消す方法としてトレチノインとハイドロキノンを使用する方法があります。

トレチノインは肌の深い層に存在するメラニン色素を外に押し出す働きがあり、ハイドロキノンは肌表面のシミを薄くする働きを持っています。

 

そのためトレチノインとハイドロキノンを同時に使用することで、美白だけでなくそばかすや炎症後の色素沈着、肝班や老人性色素班などに効果的な働きをしてくれるのです。 しかしどちらも化粧品ではなく医薬品ですから、正しい使い方を守ってきちんとアフターケアをすることが大切です。

 

トレチノインの効果や効能について

 

シミ治療をするために皮膚科へ行くと、トレチノイン入りの薬が処方されることがあります。

トレチノインは海外でも使用されている成分で、ビタミンAの誘導体です。 ビタミンAには美白作用があることで知られていますが、トレチノインにはビタミンAの50倍〜100倍もの美白効果があるといわれています。

 

また、美白効果以外にもアンチエイジングの効果が期待できるのです。 トレチノインには肌に残った古い角質を剥がすピーリング作用があり、また 剥がした肌の細胞を増殖させ肌を再生する働きもあります。 そして肌の代謝を高めターンオーバーを促進させることから、毛穴に汚れが溜まりにくく ニキビや角栓ができづらい肌を作り上げることができます。

 

またシミなどの肌トラブルを浮き上がらせることで、 肌本来の美しさを取り戻すことができるのです。 トレチノインは皮脂の分泌を抑え皮脂をコントロールする働きもあり、皮脂をコントロールすることで オイリー肌を改善。毛穴に詰まった汚れを取り除きコラーゲンなどの生成を促すことで、肌の水分量が増え乾燥によってできていた シワが消えていきます。

 

トレチノインはアレルギーが起こりにくく副作用のあまりない成分ですが、妊娠中の方や妊娠している可能性がある方は使用することができません。

 

ハイドロキノンの効果や効能について

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われています。
どのような働きをするのかというと、ハイドロキノンは メラニンの生成を阻害するのです。 メラニンを生成する時にチロシナーゼという酵素が働くのですが、この酵素の働きを抑制したり、ドーバキノンをドーバに戻しメラニン細胞へと変化させない働きをしたりします。 そのため肌表面の シミを目立たなくさせたり、新しいシミを作ることを防いだりしてくれるのです。

 

そばかすや色素沈着、肝班にも効果がありますが、肝班の治療には時間がかかるためトラネキサム酸やビタミンCをあわせて摂取するようにします。

またハイドロキノンは表皮に効果を発揮するのですが、肌への浸透性が低く真皮へのアプローチができないためトレチノインと合わせて使用するのが一般的です。

ビーグレンのトライアルセット